本文へジャンプ
レポート 〜 cueagent in The International Cue Collectors Show


Las Vegas 2012

H24年11月1日〜3日にラスヴェガスにて開催されましたICCSインターナショナル・キュー・コレクターズ・ショウ'12に参加してきました。2007年のテキサス、ヒューストン以来、5年ぶりの参加です。簡単なレポートですが、お読みいただければ嬉しいです。


10月30日(火曜日)
夕刻成田を発ち、同日の昼過ぎにLAXに到着。税関検査に時間がかかり、空港を出たのは到着後2時間ほど経ってからのことでした。LAX利用の方はご注意を・・・。


空港まで迎えに来てくれたジェリー・マクウォーター氏とともに彼の地、LAの北、サンタバーバラの南にあるベンチュラに到着。自宅内のゲストルームをあてがってくれました。

その夜は、彼の自宅から徒歩2分の日本料理店で、夕食を共にしました。



10月31日(水曜日)
午前中にジナキューのスタジオを訪問しました。

到着したとたん、「ちょっと出かけてくるから待ってて」と、彼のスタジオに一人残されてしまいました。高価な素材、キューに囲まれて、「こんなのいいのか?」と自問。








友人のキューの革巻き直し、バットエンドキャップの交換を依頼。週明けに取りにくるからと言ったのですが、「ちょっと待ってろ」と、ほぼ終日、修理作業を眺めて過ごすことになってしまいました。













夕刻、マクウォーター氏の自宅に戻ると、リチャード・チュディ氏が、サンフランシスコから到着していました。

マクウォーター氏、チュディ氏と三人でメキシコ料理を食べに行きました。夕食後は、ベンチュラ市内のハロウィーン・パーティ会場へ行き、マクウォーター氏はバンドで演奏を始めました。


1時間ほどしてから、チュディ氏と二人で近くのビリヤード場へ玉を撞きに出かけました。やはり、彼等は私の誕生日をすっかり忘れていました。



続きへ